スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑なる文章】ネーミングセンスナイセンス

 富田です。

 お前は他にやることがあるだろう…と突っ込まれそうですが、来年2月のコミティア103に向けて、新刊の執筆を始めました。『ユキちゃんの遺伝子』というバンド『モーモールルギャバン』の曲名を借用したタイトルで書いていた訳ですが、これではいかんなあ…とやはり思うのです。折角のオリジナル作品なのだから、やはりタイトルもオリジナルなものにしないと、と。

 しかし、どうも気の利いたタイトルが思い浮かばない。やはり『ユキちゃんの遺伝子』というタイトルが脳内を駆け巡ってしまうのです。ユキちゃんの遺伝子を受け継ぐユキちゃんの子供に恋をする話なんか無いのにね。そんなに苦悩するのなら始めっから仮題など付けなければよかったものを。と今更云っても仕方がありませんね。自分のネーミングセンスの無さを呪うしかありません。

 この記事を書いている中でもタイトルを考えている訳ですが、やはりタイトル付けって難しい…と思ってしまう訳です。正直なところ、プロットを作って本編を書くより難しいです…と書いているうちに思いついたのが『深深と降り積もるユキ』というタイトル。何だ、やれば出来るじゃないか俺。それと同時にサブタイトルも決めました。よし、来年の冬はコレで行こう。

 原稿は求職活動と並行して進めていきたいと思います。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
Pixiv
Pixivにも小説をアップしていますので、よろしければどうぞ。
http://www.pixiv.net/member.php?id=4716830
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。