スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑なる文章】無理がありすぎるんじゃねえのかい

 富田です。

 さて、今朝ほど『参加イベント情報』をアップした訳ですが…
 とりあえず、参加予定のイベントと持込予定の本を列挙してみましょう。

 ・2012/10/14:関西コミティア41…『男たちが啼く』『L.S.D.』、ドンズさんの委託本『謹製』
 ・2013/02/03:コミティア103…新刊『ユキちゃんの遺伝子(仮)』、『男たちが啼く』
 ・2013/03/24:そうさく畑2013…『ユキちゃんの遺伝子(仮)』『男たちが啼く』
 ・2013/04/14:第十六回文学フリマ…新刊『富田林(仮)』、『ユキちゃんの遺伝子』『男たちが啼く』

 …なんか無理があるような気がしてきました。2月の新刊『ユキちゃんの遺伝子』はまだしも、その2ヶ月後に再録本ながらも新刊『富田林』とか殆ど無理ゲーです。ドヤ顔で告知を出した時の俺をぶん殴ってやりたい…そんなスケジュールです。2月のコミティア以降は忙しくなるのは目に見えているのに新刊『富田林』、完全にナメてます。大体なんだよ『富田林』って。花火でも打ち上げんのかって話ですよ。

 忘れないうちに告知しておきますが、『ユキちゃんの遺伝子』はタイトルこそモーモールルギャバンの曲からそのまま持ってきましたが、内容は完全オリジナルで、フィクションてんこ盛りな半自伝的な小説となる予定です。ある女の子と私の出会いから現在、そしてアフターストーリーという構成お送りするしようかしら…と。一応、実在の人物と小説本文の登場人物は一切関係ありません、ということだけは前もってお伝えしておきます。

 そして『富田林』ですが、こちらは『L.S.D.』と『東須磨ラブ・ロック・フェスティバル』の再録と新作短編数本を収録する予定…ですが、果たして文フリまでに間に合うかどうか。仮に業界復帰が出来たとして引越しなどが必要となった場合、このスケジュールで進めていくのはかなり厳しいのでは…と感じています。このスケジュールはあくまで引越しが不要という前提で立てていますので。

 まあ、求職活動と並行してやれるだけのことはやっていきたいと思います。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
Pixiv
Pixivにも小説をアップしていますので、よろしければどうぞ。
http://www.pixiv.net/member.php?id=4716830
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。