スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑なる文章】ハミングライフ

 富田です。

 今日は名古屋市内を散策…のつもりでしたが、大した散策はしていません。というより、大体の場所には行っていたということに気づきまして。観光らしいことといえば、道中に栄のあんかけスパゲティ屋に立ち寄りカレースパゲティ(コロッケ乗せ)を食べた程度で、あとはずっと撮り鐵。地上区間で撮れる場所を見つけて撮影に勤しんでおりました。写真の開陳は気が向いた時にでもします。

 さて、ひと月ほど寝かせておいた某文庫新人賞に出す予定の原稿を読み返してみたのですが…何だか目も当てられないような文章でした。何というのでしょう…今になって始まった話ではないですが、設定から何から全体的にお寒いというかなんというか。どこかぎこちなく、且つ悪い意味で明後日の方向を向いている文章だなと。

 まず、主人公がスロプーという時点でどうかしているんじゃないかと思わざるを得ません。ドラえもんの苦手な動物がウーピー・ゴールドバーグとか云ってしまうレベルのおかしさ。何がスロプーだ、何がウーピー・ゴールドバーグだ。『天使にラブソングを』か。次回は伊集院やみうらじゅんがネタにしていたタイプのDT真っ盛りの男子高校生等を主人公に置きたいところですね。

 そして、決定的に欠落しているのが『有機的』且つ『立体的』で『美』や『色』に溢れる『世界』の生成。一応、それなりのことは書いているのですが、それがただの文字の羅列でしかない。眼の前に出されているものがシールドトンネルのような無機物であるというか、そこに体温がこもっていないのですね。なるほど、これでは『萌えさせる』ことはできませんね。

 他にも思うところは山程ありますが、書き出すとキリがないのでこの辺にしておきます。いやはや、どこか引っかかっていたものを自分で引っ掻き出すのは難しいものですが、他人に指摘されると「ああ、なるほど確かに」と思えるのです。それらを糧として、文章構成力を向上させていきたいものです。

 勿論、求職活動も同様に、ですよ?まずはそちらを片付けねば。某文庫用原稿はそのあとです。

 富田でした。また会いましょうさようなら。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
Pixiv
Pixivにも小説をアップしていますので、よろしければどうぞ。
http://www.pixiv.net/member.php?id=4716830
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。