スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小説】東須磨は夕方六時(6)

 富田です。今日も恥を振りまきます。
 前口上も適当になってきていますが、まあそれはそれで。

 …それではどうぞ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】装丁とかその辺の話。

 富田です。

 2月に出す新刊、『深深と降り積もるユキ』の表紙イラストは友人に描いていただく…ということになったのですが、その後の装丁はどうしようかと考えています。果たしてあの気持ち悪い展開の小説だと散々自分のブログで書き散らしているものを、どのようにして『気軽に手に取って戴ける』ものにするか…と思案しておりまして。

 今までのようにフリー書体や有り物の書体を使うという手も勿論あるのですが、少しばかりそれっぽく見せたいというのもありまして、今回は敢えて書体を買って装丁に挑戦してみようかな…と思っているのです。因みにド定番の新ゴリュウミンは『Pack for Vista』で購入済みです。アレのお陰で安く手に入れることができました。

 そんな訳で書体を見てみたりしているのですが、タイトルでも実用でも使えるかな…と思っている書体はコレ。
 株式会社イワタ 製品情報|書体一覧:UDゴシック
 視覚デザイン研究所|デジタルフォント|書体見本|ロゴG

 UDゴシックを使うとビジネス文書っぽい印象を持たれるかもしれないし、ロゴGを表紙に使うとなると軽すぎる印象を持たれるのかなー…という気もしますが、却ってそのほうがいいのかもしれないと思ったりもしています。まあ、その辺は自分自身のセンスと描いていただいた表紙イラストとの相談…といった感じですね。出来れば、皆様の書体選びの基準というのも少しばかり伺ってみたいところですが…いかがでしょうか。

 …さて、これからWebテストなるものを受検せねばならないので今日はこの辺で。富田でした!

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【小説】東須磨は夕方六時(5)

 富田です。今日も懲りずに『吐き捨てたガム70kg分』の小説をお送りします。
 よろしければどうぞ。


続きを読む

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】初期衝動の発露

 富田です。

 関西コミティア40に出したコピー本の元になった『東須磨は夕方六時』というガガガSPの曲名をパクった小説(にも満たない吐き捨てたガム70kg分)を弊ブログにせっせとアップしていたりする訳なんですが、「文章でも書いて何か残しておこうか」という初期衝動に任せて書いた結果がアレです。今、読み返してみると非常に小恥ずかしいです。よくもこんなものを世に出そうとしたな…と。

 その後、手直しやら改題やらという作業をしつつ、100円という価格設定にして『関西コミティア40』で頒布した訳ですが…正直なところ、予想を遥かに超える方の手にとって頂けたのは大変嬉しいことでした。あの時手にとって読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。感謝してもしきれません。

 さて、現在は2月のコミティア103にで発刊予定の『深深と降り積もるユキ』を執筆している訳ですが…はっきり云っちゃいますが、己の黒歴史と生々しさが入り混じる感じのストーリーなので書いていてめちゃくちゃ気持ち悪いです。読後に何かを感じていただきたい…なんて思いは何処へやら、とにかく完走せねば…という気分になっちゃっています。非常に良くないですね。

 …あと、今回は表紙絵を友人に依頼しました。「可能な限りやってみる」とのことでしたので、期待しながら待ちたいと思います。今回は可能な限り表紙詐欺になるように頼んでおきました。ただ、その友人もコミティア103に出展するとのことで、描ける保証は出来ないために代替案も考えておいて欲しいとのこと。それはまたそれで考えてみます。

 課題は多いですが、一つずつこなしていきたいと思います。まずは社会復帰からですね。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【小説】東須磨は夕方六時(4)

 富田です。

 赤っ恥小説も中盤に差し掛かってきました。こんなのが暫く続きます。
 自分で読んでいて寒気がしてきましたが、もしよろしければどうぞ。

続きを読む

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】散髪にはそれなりの投資をした方が

 富田です。

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の木村です。
今日のテーマは「散髪・美容院にいくらかけてる?」です。
トラックバックテーマ 第1521回「散髪・美容院にいくらかけてる?」


 …だそうで。

 私の場合は4000円以下に抑えるようにしています…というより実家近くなら4000円、一人住まいの近くなら1800円、って感じですね。『4000円ってえのはちょっと高すぎるんでねえかい』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私としてはそのほうが様々な意味でローリスクなのです。

 というのも、少し前に大学の近くにある1800円床屋へ行き、『転職活動があるので…それっぽくしていただけませんかね?』と云ったところ、見事なまでに好意的に云えばキノコヘッド、悪く云えばチ○ポヘッドにされてしまいまして。あの、伊東四朗がCMやってるタフマンってあるじゃないですか。まさにあれみたいにされてしまいましてね。ああ、それなら実家近くで切ってもらったほうがいいな、と。

 それでもってこの前、実家近くで4000円出してカットしてもらってやっと元に戻った、と。多少高い投資をしてでも慣れたところの方がいいですね。多分、例の大学近くのあの店には二度と足を運ぶことはないと思います。理容師さんによってはうまくやってくれる方もいらっしゃるので、多少残念ではありますが。

 因みに一人住まいの近くの1800円床屋ですが、そちらはいい仕事をしてくれている感じです。お喋り好きな方が多くてですね、本来なら1時間くらいで終わりそうなものでも予想以上に時間を消費してしまう…というのが玉に瑕ですね。

 …そんな感じです。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】髭を剃って来い

 富田です。

 職務経歴書と履歴書、やっと仕上がりました。

 まず何が大変だったって、手の震えが酷いのなんの。待てど暮らせど止まる気配がない。履歴書作成中に大きな震えが来たら溜まったもんじゃありません。その結果、書き損じはなんと7枚。書き損じの最高新記録を更新しました。そして今日の夕暮れ前、遂にすべての記入が完了。いやあ、長かった。

 さて、一仕事終えたので新作の執筆を再開しようかと思っています。『深深と降り積もるユキ』、あまりの生々しさに書いていて気持ち悪くなってきたりもしていますが、それに負けず最後まで書ききりたいところ。まあ、2月までは暫くありますから、それまでには書けるでしょう…恐らくは。ええ。

 そして、4月の新刊にもぼちぼち手をつけていきたいな、と。こちらは再録と新作短編…という位置づけなのでなんとか形になりそうな気がしていますが、果たしてどうなることでしょうか。もしかすると再録だけになるかもしれません。改稿くらいはするでしょうけれども。

 …そうそう、需要があるかなんて知りませんが、一発書きも近いうちに再開します。ではでは、富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【小説】東須磨は夕方六時(3)

 富田です。

 昨日、一昨日に引き続き、懲りずに『東須磨ラブ・ロック・フェスティバル』の元となったものをアップします。
 文章として破綻している部分が多くありますが、自戒を込めるという意味でもそのまま掲載します。

 …それではどうぞ。


続きを読む

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

【小説】東須磨は夕方六時(2)

 富田です。

 昨日に引き続き『東須磨ラブ・ロック・フェスティバル』の元となったものをアップします。
 文章として破綻している部分が多くありますが、自戒を込めるという意味でもそのまま掲載します。

 …それではどうぞ。


続きを読む

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】どぉなっちゃってんだよ

 富田です。

 今、まさに職務経歴書と履歴書を書いている最中なのですが、何故か手の震えが止まりません。服用している薬のせいかのか過緊張なのか何なのかは全くもってわかりませんが、とにかく手の震えが酷いのなんの。まともに字が書けないような状況なのでかなり困っています。震えのせいでぐちゃぐちゃになってしまうのですよね。何枚書き損じをしたことか。

 取り敢えず、今のところ考えられる手段は手の震えが止まるまで待って徹夜を覚悟で書くか、後日改めて書くか…の二択。一見すると後者のほうがよさそうに見えますが、書類の提出期限が間近に迫っているのでそれはそれでリスクが高いと。それでもってその時にも震えが来たらシャレにならない訳でして。簡単そうで難しい選択を迫られています。

 さて、最近滞り気味の小説のほうですが、いま読んでみると赤っ恥な小説を後程アップしたいと思っています。こんな状況では他の作業でもしながらでないとやっていられません。様々な手を使って誤魔化したり緊張をほぐしたりしつつ、職歴書や履歴書を書いていきたいと思っています。

 …決めた。今日は徹夜しよう。ではでは、富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【小説】東須磨は夕方六時(1)

 富田です。

 今回の小説は5月に発刊した『東須磨ラブ・ロック・フェスティバル』の元となったものです。
 この作品はコミティア101を以って廃刊とし、加筆修正を加えた上で再録集『富田林』に収録の予定です。
 文章として破綻している部分が多くありますが、自戒を込めるという意味でもそのまま掲載します。

 …それではどうぞ。


続きを読む

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】ネーミングセンスナイセンス

 富田です。

 お前は他にやることがあるだろう…と突っ込まれそうですが、来年2月のコミティア103に向けて、新刊の執筆を始めました。『ユキちゃんの遺伝子』というバンド『モーモールルギャバン』の曲名を借用したタイトルで書いていた訳ですが、これではいかんなあ…とやはり思うのです。折角のオリジナル作品なのだから、やはりタイトルもオリジナルなものにしないと、と。

 しかし、どうも気の利いたタイトルが思い浮かばない。やはり『ユキちゃんの遺伝子』というタイトルが脳内を駆け巡ってしまうのです。ユキちゃんの遺伝子を受け継ぐユキちゃんの子供に恋をする話なんか無いのにね。そんなに苦悩するのなら始めっから仮題など付けなければよかったものを。と今更云っても仕方がありませんね。自分のネーミングセンスの無さを呪うしかありません。

 この記事を書いている中でもタイトルを考えている訳ですが、やはりタイトル付けって難しい…と思ってしまう訳です。正直なところ、プロットを作って本編を書くより難しいです…と書いているうちに思いついたのが『深深と降り積もるユキ』というタイトル。何だ、やれば出来るじゃないか俺。それと同時にサブタイトルも決めました。よし、来年の冬はコレで行こう。

 原稿は求職活動と並行して進めていきたいと思います。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】あれはもしかしてアウトだったのか

 富田です。

 先程…と云うか確か1時間半ほど前ですが、pixivにアップしている小説『Hな義妹の趣味は読書ですっ』の全年齢版を掲載しました。そして、村上春樹の『海辺のカフカ』で云う所のさくら姐さんのシーンほど露骨な描写はしてないし…よし!みたいな感じで物書きコミュニティの『小説更新しました』トピックにURLを貼り付けてみた訳ですが…反応が怖いです。一発目に飯能が怖いって変換されたけど飯能は別に怖くねえよ。

 …というのも、改稿バージョンでも友人にエロ小説と云われてしまったので結構気にしちゃってる節があるのですよね。個人的には露骨なエロ表現は出来る限り排除したつもりだったのですが、やっぱり第三者視点から見ると露骨にエロしちゃってるのかな…という具合に。まあ、元が元だけにそういう部分も出ちゃいますよね。仕方ないといえば仕方のないことなのかも知れません。

 大衆文学とかヤングアダルトだとそういうシーンがそこそこあるし…と先に書きましたが、アレはアレだけで成り立っている訳ではないですから、その辺も考慮する必要があったのではないかと今になって思っています。兄と義妹のラブコメ的なものにしたかったのですが、その志は一体どこへやら…という具合になっていると。確かに、読み返してみると露骨感は否めなかったか…と。

 …猛省しつつ思案しながら、筆を置きたいと思います。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【小説】Hな義妹の趣味は読書ですっ-第二話『ぎまいの、ひみつ』

 富田です。

 昨日アップした『Hな義妹の趣味は読書ですっ』の第二話です。
 一応全年齢対象…というくらいまでにはそういう系の露骨な描写は排したつもりです…が。
 アウトな感じだったらお知らせください。

 それではどうぞ。


続きを読む

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

【買い物メモ】完全犯罪彼女/空想委員会

 先日のお買い物。

完全犯罪彼女完全犯罪彼女
(2012/09/19)
空想委員会

商品詳細を見る

 低恋愛偏差値系草食ギターロックバンドを謳う空想委員会のニューシングル。
 同バンドのアルバム『僕はまだ必要十分条件を満たしていない。』とともに購入。

 曲自体は自主制作CDに収録されていたもののリテイクですが、以前のそれと比べてかなり草食系っぽくなっているように思えました。なんというか、コーラスやアレンジが変わるだけでここまで変わるものなのか、と。下北系っぽくもあり、はたまたアニソンっぽくもあり。言葉の選び方がいわゆる『セカイ系』っぽいせいか、ラノベが原作のアニメの主題歌に抜擢されても違和感ない感じです。

 そして、このCDの特徴としては『マイナスワントラック』が収録されているという点が挙げられましょう。要はギターレスバージョンやベースレスバージョンなどが収録されているということですね。YoutubeなどにアップOKと公式でアナウンスされていますので、『弾いてみた』『歌ってみた』も自由自在な訳です。

 恋愛に漕ぎ着けなかった人、恋愛下手だった人に手にとってもらいたい一枚です。
 『僕はまだ必要十分条件を満たしていない。』のレビューはまた後程。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【小説】Hな義妹の趣味は読書ですっ-第一話『知らない女性』

 富田です。

 Pixivにアップしている小説の全年齢版です。
 タイトルこそアレですが、エロ描写は一切排除してみました。

 …それではどうぞ。


続きを読む

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】トゥーファー

 富田です。

 関西コミティア41に持っていくのはすべて『既刊(関西初売のものはあります)』ですが、来年2月のコミティア103に向けて『ユキちゃんの遺伝子(仮)』の原稿を進めています。

 …しかし、プロットから何から一向に進む気配がありません。まあ来年のことだし別に今から進めなくてもいいか、と思ったりもするのですが…求職活動と並行して行っていく必要があるのでなかなかそうもいかず。そして、この作品を書く上では過去の自分と向き合わなければいけないので、それが相当にキツイのです。

 過去の自分と向き合うということは黒歴史化した過去とも向き合わなければならない訳で、それはかなり精神的に堪えるものです。枕に顔を埋めてジタバタ…なんてプロットを書こうとする度にそんな感じになりますし、それは齢24になった今でも変わりありません。今でも毎日が黒歴史です。

 …とりあえず、2月以降の新刊スケジュールと大まかな概要を掲載しておきます。
 参加スケジュールと併せてご覧頂ければと思います。

 ▼コミティア103より頒布…『ユキちゃんの遺伝子(仮)』
 小学生時代に出会った『ユキちゃん』との出会いと今に至るまでの半自伝的な小説。
 そういえば『ユキちゃん』とはもう10年来の付き合いか。考えてみると長いな。

 ▼第十六回文学フリマより頒布予定…『富田林(仮)』
 既刊『L.S.D.』と『東須磨L.R.F.』の再録と短編数本を収録予定。
 短編はティア103から2ヶ月という大変短い期間ですが、敢えて完全書き下ろしで行ってみたいなと。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】ずるずると。

 富田です。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の木村です。今日のテーマは「いつも使ってるブラウザは?」です。
FC2 トラックバックテーマ:「いつも使ってるブラウザは?」


 …ってな訳ですが。

 中学時代はお馴染みInternet Explorer、高校時代はSleipnir、大学からはFirefoxをいう遍歴を辿っています。なんというか、もうFirefoxに慣れてしまったので、今更ChromeやOperaに移ったり、IEやSleipnirへ戻る気も起きないのですよね。しかし、Firefoxにも問題…というかいくつか難点が、というよりこれは完全にあちら側の仕様がいけないんですがね。Firefoxに罪はない。多分。

 それは『Webテスト』のとき、必ずIEを使用しなければいけないものが多いこと。『FirefoxやChrome、Operaには対応していませんので、必ずInternet Explorerを使用してください』という文言を就活中に何度見たことか。当時使っていたPCがロースペックマシンだったせいか、テストの度に重かったIEを開いてWebテストを受けることはかなりキツかった覚えがあります。テスト中にフリーズを起こしたりして父のマシンを借りることもあったりなかったり。

 …そんな訳で、今は家にあるどのマシンにもFirefoxを入れて使っています。Firefoxが良い…と思っている訳でもなく、OperaやChromeに慣れることが出来なかったから惰性で使っている、という感じですね。因みに仕事の都合上、IEも時々使っていますが未だにどこか違和感を覚えてしまいます。

 まあ、ブラウザは慣れているものを使うのが一番ですね。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【お知らせ】関西コミティア41参加のお知らせ(第二報)

 富田です。

 関西コミティア41への参加が正式に決定しましたのでお知らせします。
 
 開催場所:OMMビル2階、A~Cホール
 スペース:M-30
 …割と壁際でした。壁サークルさん訪問のついでにドウゾ。

 頒布は…
 既刊『L.S.D.』、コミティア101新刊『男たちが啼く』、ドンズさんの委託本『謹製』を予定しています。

 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

テーマ : 更新報告・お知らせ
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】情け容赦ない正義のヒーロー

 富田です。

 昨日の晩から今朝にかけて、高速バスで神戸へと戻って参りました。神戸は数週間前と同じような表情を見せていました。要は何も変わってないですね、ってことです。唯一変わったと思えたのは阪神三宮駅のホームが若干変わっていたというくらいなもんでしょうか。あったとしても微々たる変化です。

 さて、高速バスで神戸へ戻ってきた…という話は先程した通りですが、これは書いていいのかどうかわかりませんが…なかなか珍しい経験をしたのでここに記しておきたいと思います。こんなこともあるんですね…と流し読みして頂ければ幸いです。

 あれは昨晩のことです。私は途中のバス停から高速バスに乗り込み、多摩地区の主要駅を発ったあたりの話です。ある交差点を右折だか何だかした時、突然パトカーのサイレンと思しき音がバスの後方に響き渡りました。ああ、誰かが交通違反でもやらかしたのか。…と呑気に構えていた訳です。そうすると、突然バスが停まりまして。

 バスの運転士が警官に尋問を受けていました。

 あちゃあ、まさかあのサイレンは自分らが乗っていたバスに向けてのもので、このバスが交通違反をやらかしていたのか…と。警察官と運転士のやり取りからして、黄信号で止まるか否かのタイミングがギリギリアウトだった様子。運転士が営業所に電話したり何だで外がやたら騒々しくなって来ました。そして、容赦なく違反切符を切られていたようです。

 いやあ、仕事とは理解していても警察って容赦ねえなあ、と思う晩のひとときでした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【小説】愛だん歪と識意たえ消

 富田です。

 一発書きシリーズ第五弾、今回はサブカルチャーの集積地で繰り広げられる愛のストーリーです。
 女の子の愛がむき出しになっていくお話です…って、園子温か。

 …それではどうぞ。


続きを読む

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】無理がありすぎるんじゃねえのかい

 富田です。

 さて、今朝ほど『参加イベント情報』をアップした訳ですが…
 とりあえず、参加予定のイベントと持込予定の本を列挙してみましょう。

 ・2012/10/14:関西コミティア41…『男たちが啼く』『L.S.D.』、ドンズさんの委託本『謹製』
 ・2013/02/03:コミティア103…新刊『ユキちゃんの遺伝子(仮)』、『男たちが啼く』
 ・2013/03/24:そうさく畑2013…『ユキちゃんの遺伝子(仮)』『男たちが啼く』
 ・2013/04/14:第十六回文学フリマ…新刊『富田林(仮)』、『ユキちゃんの遺伝子』『男たちが啼く』

 …なんか無理があるような気がしてきました。2月の新刊『ユキちゃんの遺伝子』はまだしも、その2ヶ月後に再録本ながらも新刊『富田林』とか殆ど無理ゲーです。ドヤ顔で告知を出した時の俺をぶん殴ってやりたい…そんなスケジュールです。2月のコミティア以降は忙しくなるのは目に見えているのに新刊『富田林』、完全にナメてます。大体なんだよ『富田林』って。花火でも打ち上げんのかって話ですよ。

 忘れないうちに告知しておきますが、『ユキちゃんの遺伝子』はタイトルこそモーモールルギャバンの曲からそのまま持ってきましたが、内容は完全オリジナルで、フィクションてんこ盛りな半自伝的な小説となる予定です。ある女の子と私の出会いから現在、そしてアフターストーリーという構成お送りするしようかしら…と。一応、実在の人物と小説本文の登場人物は一切関係ありません、ということだけは前もってお伝えしておきます。

 そして『富田林』ですが、こちらは『L.S.D.』と『東須磨ラブ・ロック・フェスティバル』の再録と新作短編数本を収録する予定…ですが、果たして文フリまでに間に合うかどうか。仮に業界復帰が出来たとして引越しなどが必要となった場合、このスケジュールで進めていくのはかなり厳しいのでは…と感じています。このスケジュールはあくまで引越しが不要という前提で立てていますので。

 まあ、求職活動と並行してやれるだけのことはやっていきたいと思います。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】マシマロ

 …タイトルと本文は関係ないです。富田です。

 昨日の話になりますが、某地方自治体の試験を受けてきました。手応えは…

 全くなし。

 …そりゃあそうですよ。数的推理の勉強を申し訳程度しかしてなかった訳ですから。敢えて自信があるとすれば時事問題くらいなもんです。せいぜい、いいところの一般企業くらいの感じかな…と思っていたのですが、難易度が桁違い。話には聞いてましたし実際に過去問を見せてもらったこともありますが、本当にあそこまでのレベルを求めるとは。そりゃあ試験対策の予備校も乱立する訳ですよ。完全に試験をナメてましたね。

 さて、100%不合格が確定した試験の話は置いておいて、次の試験について考えなければいけません。次の試験は現在のところ、10月中旬、『関西コミティア』翌日が試験の某第三セクター。今のところそこに賭けているという状況ですが、募集人数が若干名ということで、はてさてどうなることやら…といった感じです。あとは…今まで居た業界に絞るとなれば、年末まで『待ち』ですかね。異業種に方針転換するとなれば話は別ですが。

 …何にしても、焦らず体調と相談しながら、じっくりと求職活動を進めていきたいものです。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【小説】野良猫が鳴いてる

 富田です。

 一発書き第四弾。野良猫とアラサー女子のお話です。


続きを読む

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】大きな玉ねぎの下で

 富田です。

 只今、大スランプ中です。

 最近アップした小説をご覧になった方でしたらお分かりかと思いますが、小説と云うよりも半自伝的なものとなってしまっています。なんというか、物書きコミュニティの『小説書きました!』的なトピックにリンクを貼ってはみているものの、後々読み返してみるうちに「ここにそれのURLを貼っても良かったのだろうか?」と思ってしまうのです。果たしてこれは『作品』と呼べるのだろうか?単なる『自分語り』になっていないか?と。

 自分語りは書いている側からすれば非常に楽しく、面白いことです。しかし、読み手の立場からすれば退屈以外の何物でもないでしょう。自分語りをするにしても、如何に小説として昇華させていくか…というのが肝となることでしょう。しかし、それすらも出来ていない。ううむ、そこは技量不足としか云いようがありません。もっと精進せねば、とつくづく思います。

 …全然関係ないですが、明日が某自治体の試験だったこと、すっかり忘れていました。
 富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】そううまくはいかないよ

 富田です。

 先月、某地方公営企業の試験を受けてきた…とTwitterなどで呟いてまいりましたが、今日、合格発表がありました。結果は…

 無念の不合格ッ!

 …まあ、しゃあないですね。手応えも期待と不安が半々…という感じで過度な期待はしていなかったので、ショックは少なかったです。気持ちの切り替えもすぐに済みました。

 …という訳で、次回はダメ元でコミケでお馴染みの某三セクでも受けてみようかと思っています。教養試験は文系数学を齧っておけば何とか凌げる…と思いたいところですが、はてさてどうなることやら。どうしても業界復帰を賭けたい…というよりも正直に云ってしまうと同業種でないとあまりつぶしが利かないので、暫くはその業界に絞って試験を受けていきたいと思っています。

 それでは皆さん、コミケでお会いしましょう…と云えるよう、頑張りたいと思います。富田でした。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【小説】みさちゃん

 富田です。

 一発書き第三弾のテーマは『思春期の男子高校生』。
 クラスメイトの女の子に憧れと妄想を抱きつつ…な感じのお話です。


続きを読む

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

【小説】できない

 富田です。
 今回は『モテたくてもモテない』男のお話です。
 最近は華のない話ばかりですみません。

 …それでは、どうぞ。


続きを読む

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

【雑なる文章】久方ぶりの再会。

 富田です。

 商材搬入のために原宿へ行って来ました。

 今日は副都心線経由で商材搬入へ。偶然にも帰りに乗った西武線方面への列車が、昨日の記事で紹介した東急東横線の『5050系4000番代』。ハイテンションでへ実家へと向かった訳ですが、サプライズはこれだけではありませんでした。西武線内に入り、埼玉県内に入ったあたりでOBさんとみられる方が『かぶりつき』をしていた方に声をかけ、色々と聞く姿を目にしました。

 「どうですか、東急の車両は」
 「ええ、普段は割と乗り慣れてるんですけど、西武線で乗ると何だか不思議な感じですね」

 そんな会話が聞こえてきます。そりゃあそうでしょう。かつては犬猿の仲だった東急と西武が手を組むことになったわけですから。そして、OBさんとみられる方は私達にも話を振ってきました。その方は「この電車で横浜まで行けるようになります」という具合に熱心にプロモーションをされていた訳ですが、話しぶりやお顔を拝見してみると、どこかで見たような方。そして何処かで聴いたことのある口調。

 …予感は的中。アルバイト時代にお世話になったOBさんでした。

 実は私、学生時代に駅でアルバイトをしていたのですが、その時にかなりお世話になった方だったのです。アルバイトをしていた当時から車両や業界話を熱心にしてくださった方でした。OBさんは『私もそろそろ引退時かなぁ』と仰っていましたが、相も変わらず元気にされていました。『いやいや、まだ引退されるには早いのではありませんか?w』とよっぽど云いたかったですが、ご本人がそれを考えている横でそれを云うのは野暮というもの。ここはぐっと我慢。

 因みに、私が本格的に鉄道に興味を持ち始めたのもこの方のお陰だったりするのです。当初は職務乗車証目当てで始めたアルバイトでしたが、車両の仕組み、信号の仕組み、そして業界の話…などなど、お話を伺ううちに『鉄道ってこんなに奥が深いのか』ということを知り、私が業界入りを志望するきっかけを作って下さった方でもあります。私に新たな方向性を指し示して下さった方でもある訳です。

 …他にも色々と話を聞くことができましたが、限りなくオフレコに近いものなのでここでは触れませんw

 その話はさておきまして、今夜も一発書き小説を掲載したいなぁと思っております。ではでは、富田でした!

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

【小説】yoakemae

 富田です。

 今回はプロット一切なし、一発書きの短編をお送りします。
 一発書きであるが故に粗い部分もあると思いますが、興味のある方はご一読頂ければ、と思います。
 それではどうぞ。


続きを読む

テーマ : 短編小説
ジャンル : 小説・文学

twitter
Pixiv
Pixivにも小説をアップしていますので、よろしければどうぞ。
http://www.pixiv.net/member.php?id=4716830
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。